AGAによる薄毛はヘアサイクルの乱れることで起こる

AGAというのは男性型脱毛症のことです。AGAは治療の方法や薬の名前ではなく男性に見られる脱毛症の症状のことです。
男性の薄毛は多くの人が悩んでいますが、そのほとんどがAGAと言われています。その症状としては前頭部の髪の毛の生え際から薄くなってくるような症状と、頭頂部の髪の毛が薄くなってくるような症状が多いのが特長です。
髪の毛にはヘアサイクルと言われる寿命があります。髪の毛は伸びてきますが、いつまでも伸びるというわけではありません。一定のヘアサイクルで抜けてしまいます。
一般的には髪の毛のヘアサイクルは4年から6年とも言われていて、その期間が長ければ太く強い髪の毛が生えてくることになります。

タブレットを操作する医師

この期間を成長期といい、髪は伸びているのです。しかしやがて髪の毛はその成長が衰えてくるのです。これを後退期といいます。そして成長が止まってしまう休止期となります。
これで髪の毛がすぐに抜けてしまうわけではなく、毛根から次の髪の毛が生えてくることで抜けかわるというサイクルを繰り返しているのです。
人の髪の毛は10万本とも言われており、毎日髪の毛は抜けてしまいますが、このヘアサイクルによって生え変わっているのです。
AGAにより前頭部などから薄毛になってしまう原因としてはホルモンや生活環境の変化が影響しているのです。ヘアサイクルを維持するためにも髪の毛に栄養が必要なのです。その栄養分は頭皮の血管により運ばれます。
これらがホルモンバランスの乱れや生活環境が変わってしまうことで血行不良となったり、頭皮が皮脂で汚れてしまうなどによってヘアサイクルが乱れます。
このようなAGAの対応方法としてはヘアケアを行うか、クリニックなどで治療を行うことです。特にAGAは早期に行うことが大切です。