AGAに効果的な医薬品スピロノラクトン

男性の薄毛の大部分を占めるAGAは、DHTという物質が原因で発症します。この物質は、男性ホルモンのテストステロンの一部が変換されたもので、本来は男性性器の発育をサポートするという役割を担っています。しかし、毛根の内部に存在している男性ホルモン受容体と結合した場合は、頭皮の皮脂の分泌量が増加してヘアサイクルが狂わされてしまいます。
これにより、本来であれば頭髪は数年間は成長するのですが、半年程度で寿命を迎えるようになり、短い状態での抜け毛が増加します。なお、DHTの生産に関与しているII型の5α還元酵素は、生え際から頭頂部にかけての毛根に分布しています。このために、この部分が薄毛になるということが、AGAの特徴です。

薄毛の男性

テストステロンは思春期に分泌量が急増するので、AGAの発症はこれ以降となります。日本人では約30パーセントの確率で発症すると報告されており、20歳代の後半から30歳代が著明です。そして、40歳代以降には生え際から頭頂部までの頭髪が完全になくなるまで進行します。
AGAに対しては、症状の進行を防止する治療薬が開発されています。この治療薬は、AGAの生産に関与しているII型の5α還元酵素の活性を阻害するという作用があります。これにより、DHTの生産量が減少するので、狂っていたヘアサイクルが正常化して薄毛が改善されることになります。
なお、この内服薬は未成年者や女性は服用することは出来ません。これは、男性性器の発育をサポートする物質の生産が阻害されてしまうので、未成熟な段階での使用は副作用が生じる危険があるからです。
この内服薬以外でのAGAに対する治療法として、スピロノラクトンを配合した医薬品があります。スピロノラクトンは、女性ホルモンの作用により脱毛症の進行を防止するという内容で、DHTの生成は阻害されないので、女性が使用しても副作用の危険はありません。