AGAの市販薬と処方薬の違いについて

AGAは男性型脱毛症といって、比較的若い年代から徐々に薄毛が進行していく症状であり、主に額の生え際から、もしくは頭頂部分から髪の毛が薄くなっていくという特徴があります。
これまでは、このような症状は対処法が存在せず、薄毛の進行を食い止めることはできませんでしたが、最近では、AGAの進行を止める薬が開発されて登場してきています。

薬

このAGAの薬を服用する方法は主に2つあります。
まず、市販薬として自分で薬を購入するという方法があります。
特に、塗り薬であれば、通常のドラッグストアで誰でも簡単に購入することができます。
また、内服薬についてもインターネットの通販で購入することができます。
ただし、インターネットの通販で市販薬を購入する場合は、外国からの取り寄せになることが多く、市販薬が自宅に届くまでに時間がかかるので注意が必要になってきます。
一方、薬を服用するために、医療機関に受診して処方薬として薬を入手することができます。
医療機関で処方薬として薬を処方をしてもらうためには、まず医療機関でAGAであるという診断をしてもらう必要があります。
もしも、AGAによる薄毛ではない場合は、処方されることはありません。
この両者の薬の成分については、どちらもの成分は同じですから、処方薬であっても市販薬であってもその効果は変わりません。
しかし、市販薬として自分で購入する場合は、全て自分で薬の管理をしていくことになります。
一方、医療機関で処方してもらった薬に関しては、何か副作用のようなものが出た場合は、医師に相談することができるので、より安心して薬を服用することができるというメリットがあります。
ただし、料金については、市販薬をネットで購入した方が圧倒的に安くなるということが言えます。