AGA治療薬の副作用について

 成人男性型の脱毛症のことをAGAと言い、薄毛や抜け毛を主な症状とするものであります。このAGAは近年低年齢化が進み、それに伴い、その症状で悩む人も増えてきていると言われています。そのため、悩みが深刻化してきており、近年ではAGA治療を行う病院も増えてきています。

 薄毛や抜け毛をはじめとするAGAを治療するものは何と言ってもお薬がメインとなりますが、代表的なものでは、プロペシアやフィンペシアがあります。フィンペシアはプロペシアの後発薬なので弱冠価格的に購入しやすくなっていますが、いずれにしても効果は期待できるものとなっています。実際、効果に個人差は少なく、比較的短期間で効果が見られるものですが、その一方で副作用もあります。元々、AGAは男性ホルモンが分泌されて、薄毛や抜け毛が現れるものですが、これらの治療薬は男性ホルモンの分泌を抑制し、薄毛や抜け毛を少なくことを目的としています。しかしながら、男性ホルモンを抑制する代わりに副作用として男性機能の低下が生じる場合があり、勃起障害や無精子症等の副作用が起こる場合があります。

落ち込む男性

そのため、子供を望む人にとってはこれらの治療薬の使用は避けた方が良いと言えるでしょう。既に服薬を続け、副作用を感じるようになってしまったら、それはそれで心配に感じられると思いますが、服薬を中断することで男性機能が回復するとされているので過剰な心配はいりません。勿論、服薬を中止してただちに男性機能が回復するわけではありませんが、薬が体内から排出されれば多くの場合回復は見込めます。

 以上の点を踏まえ、服用せずに薄毛や抜け毛を改善したいのであれば、可能な限り、生活習慣を見直し、適切なシャンプーの方法を実践したり、髪に良い栄養を摂っていく必要があります。